2015/3/31

健康に梅干し!  梅干しの効能

梅干しは、疲労回復には、レモンより効くってご存知でしたか?


疲労は、「乳酸」と呼ばれる物質が原因です。


乳酸がたまると「だるさ」「こり」といった症状が


あらわれます。


梅干しの重要な成分のひとつ「クエン酸」は、


この乳酸を水と炭酸ガスに分解して排出し、


しかも乳酸そのものを生成しにくくする働きが


あります。


スポーツの時に「レモン」を食べるとスッキリすると


言われていますが、これは、クエン酸の効果なのです。


梅干しはレモンより多量にクエン酸が含まれているので、


疲労回復には、梅干しの方が効き目があります。



また、梅干しは、カルシウム吸収を助けます。


日本人の「カルシウム不足」が問題になっています。


とくに、育ち盛りの子どもたちや、お年寄りにとって


カルシウムは重要な栄養素です。


カルシウムを含む食品を食べても、身体が酸性に


偏っていると、「中和」するためにカルシウムが体内で


使われています。


カルシウムを浪費しないためにも


梅干しは「強い見方」です。


吸収されにくいカルシウムを梅干しの


「クエン酸が結合」して溶解力を強め、


取り込みやすくなることも証明されています。



1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ